2012.08.15 Wednesday 17:03

おもちゃドクター

 

日本おもちゃ病院協会の「おもちゃドクター」を取材。

「おもちゃ病院」とは、60代を中心とするリタイアしたシニアの趣味の会として、ボランティアでおもちゃの修理を受け付けている団体です。

面白いのは、その日返せなければ“入院”もあり、重篤なオペの場合は万一の場合の“同意書”をとるというところ(笑)。

もっとも、壊れたおもちゃを持ち込むユーザーは、モノを大切にしようという“いい人”が多く、トラブルになることは滅多にないそうですが。

日本全国の440か所のおもちゃ病院で約740人の「おもちゃドクター」が活躍しているそうです。

前職はさまざまですが、「手先が器用」という共通項はあるみたいです。

おもちゃ修理の面白いのところは、手に負えそうもない壊れ方をどうすれば直せるか考え抜くプロセスだそうです。

図面などありませんから。

また、そうやって直したおもちゃを持ち主に返した時にお礼を言われるので、直せた喜びとともに二重の喜び、達成感が味わえるそうです。

インタビューした方は「ハマリますよ〜」と言ってました。

考える。手を動かす。楽しむ。何よりの(すいません)“ボケ防止”対策ですね。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.takahashikoji.jp/trackback/207
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.