2012.06.13 Wednesday 18:54

「じじいよ、表に出ろ!」


介護予防をかねて、世代間交流の地域ボランティア活動として絵本の読み聞かせに取り組んでいるシニア団体幹部を取材。

「外に出て、いろいろな人と交わり、人の話を聞いて自分の考えをまとめるというのは、いい認知症予防になっている気がする」とのことでした。

核家族化が進展している中で生活している子どもの側にとっても、シニア世代と接することは視野を広げることにつながるでしょうし、地域の目が増えることで、防犯上などの安心にもつながると思います。

何よりも、会社からはリタイアしても、社会からリタイアしたわけではないので、まだまだその経験・知見を次の世代に伝えてもらう意義は大きいでしょう。

リタイアすると、うまく“地域デビュー”できず、家の中に閉じこもりがちになる男性高齢者の増加が問題化しています。

この団体も、数十名の会員の中で、男性はこの方だけ。
「じじいよ、表に出ろ!」

皆でそう声を上げるべきかもしれませんね。





Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.takahashikoji.jp/trackback/203
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.