2011.06.17 Friday 00:14

サービス力か、商品力か

地元の商店街に、「マクドナルド」と「ファーストキッチン」があります。

ここに移転して1年強、両店の利用比率は、M9:F1、といった感じです。

なぜか。

Mのメニューのほうが好きだからです。

Fのハンバーガーも決して嫌いではないのですが、「フィレオフィッシュ」「クォーターパウンダーチーズ」の前には惨敗です。。
Fにはまずまずのパスタもありますが、あえてパスタをそこで食べようとは、さほど思いませんし。

ところで。

この両店の「サービス力」でいえば、M1:F9、というほどの差を感じます。

MはFCなのか直営なのかわかりませんが、カウンター内でのスタッフの私語は目立つわ、3台あるレジ前の行列管理はできてないわ、スタッフに“スマイル”はないわ、言葉遣いがぶっきらぼうなスタッフがいるわ、しまいには、待たせる場合の番号札が卓上に置くタイプにもかかわらず、出来上がった時に席まで届けるのではなく呼びつけるなどと、「え〜?」と思わされることがしばしばの“体たらく”。

一方のFは、イトーヨーカドーのテナントということもあり、IYカードで5%オフになるほか、もちろん番号札を置く席にまで届けてくれ、スマイルはたっぷりあり、さほど待つこともなし、、、と、気持ちよいサービスぶりです。

できればFで済ませたい。Fにがんばってほしい。

そう考える左脳と、「食いたいのを食いたい」という右脳の闘いがあり、9勝1敗で右脳が勝つのです。

ま、ホテルや高級レストランほどサービス力の比重が高くなく、商品力のアドバンテージが強い業態であると思うので、この比較にはたいした意味はないのかも知れませんが。。

思うところは、Mがサービスを改善すれば、圧倒的になる、ということです。

そこに“抜かり”があると思いました。

モスバーガーあたり、もう一つの進出を期待します!

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.takahashikoji.jp/trackback/162
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.