2011.03.04 Friday 00:08

学びの手応え

とある大学の仕事で、「消費者ゲーム」の開発事例を取材。

行政と地域の経営者や住民などによるプロジェクトチームに児童心理学を専攻する教員や学生らが加わり、小学生に消費者教育を教えるためのツールとして開発されました。

学生は、小学生へのモニタリングでホンネを聞き出す作業に学びの成果を発揮、細部にわたる意見を製品の改良に生かしました。

こういう具体的なアウトプットがあると、大学での学びもより手応えがあるのではないかと思わされます。

何事も、フィードバック(反応、評価)が大切ですね。


 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.takahashikoji.jp/trackback/146
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.